よく言われる言葉だったようですが、昔、日本の製品というものは質が悪いと言われていた時期がありました。
こんな話は、今の日本製品を知っている方の中では信じられないという方が多いものですけど、実際にこんな時代があったんです。
とても信じられない方もいるかもしれません。
だから、海外でもお年寄りの外国の方などの場合には日本の加工技術や日本製機械はダメだ、という人もいるくらいです。
とても不思議な時代があったんです。

板金加工の機械を作り出す

今でこそ、日本製機械はとても優れているとされていますが、一方で昔は日本のものはダメだとされていた時代が実際にありました。
例えば、メイドイン、この後に国名が記載されている際に、そこに日本つまりジャパンがあるとがっかりしてしまう海外の人も実際にとても多くおられるほど、ダメだ、とされていた時代があったのです。
現在では、日本の精密板金の技術や、加工技術を、技術を使える方々を交えて欲しい、絶対に欲しいという海外の方もいるくらいですから、時代は変わったものです。
こんな感じの時代だったのですが、それを変えたのが、日本人の素晴らしい技術力と忍耐力、そして繊細な技術などを使いこなす力であったと言われています。
板金加工の機械を作り出す、これを実際に行うこと出来る日本人の手先の器用さは相当なものである、と絶賛されています。
こうした日本の技術力というものは、とても優秀なもので、海外からは絶賛される声が多く出ているほどなんですよ。

出来上がりに差が出る日本の技術力

精密板金などは色々なものに使われていますが、さてさて、こうした技術力というものは、出来上がりにとても差が出るものなんです。
例えば、何かを作るにあたっても、適当に作ったものとそうではなく、真剣に懸命に作ったものとでは大きく差が出るように、日本製品は素晴らしい、と言われていますね。
さて、このすごい技術力は、日本が誇るべきものであると同時に、日本人の心が生み出すものではないかと言われています。
繊細な手さばき、真剣に仕事に取り組むことが出来る姿勢、よく日本の人々は働きすぎだ、と海外から言われてしまうことがありますが、いや、もちろん身体のためにも働きすぎというものは良くないとされていますが、良い意味で真面目にそして一生懸命に物事や仕事に取り組む事が出来る日本人だからこそ、こうした技術力を生み出すことが出来たのです。
こうした出来上がりの差が出る日本の技術力は世界が認めるものであると同時に、誇らしいものとなっています。


取材協力:株式会社和起製作所様
精密板金・板金加工を請け負っている工場様です